結婚式についての情報が満載

このサイトでは、結婚式で出ていくお金をどう節約していったらいいのかということを詳しく紹介しています。
一生に一度の式なのであまり削りたくはないけど、でもできるだけ出費はおさえて負担を減らしたいと思いますよね。
でも自分たちの希望はしっかりとかなえて、来賓の方々にも費用を抑えたという事が伝わらないようにするためには、いくつかポイントを抑える必要があります。
ケチったと思われないためにも、事前にしっかりと確認しておきましょう。

結婚式で出ていくお金の節約ポイント

結婚式で出ていくお金の節約ポイント 結婚式と言えば、何かと出ていくお金も多いものです。
会場に払う費用はもちろんのこと、自分でアイテムをDIYする場合はその材料費もかかります。
一生に一度の結婚式なので希望通りにはしたいけど、でももう少し出費を抑えて負担を減らしたいと思うのは普通ですよね。
でも節約のポイントを間違えてしまうと、自分が思っていた通りの演出にならなかったり、出席してくださる来賓の方々に不快な思いをさせてしまうことにも繋がりかねません。
自分にとっても来賓の方にとっても思い出に残る素晴らしい式を作るためにも、出ていくお金をただ節約するというだけでなく、節約したように見えないポイントをおさえて工夫することが大切になってきます。

結婚式の節約の仕方や注意点についてお話します

結婚式の節約の仕方や注意点についてお話します 結婚式を挙げる日程としてよく選ばれているのは5月から6月、10月~11月辺りの時期で、真夏や真冬の寒暑を避け友達や親戚を招きやすい傾向にある時期。
真夏や真冬の時期には、ガーデンウエディング等の屋外での催しに支障が出たり、知り合いや親戚の方に若干苦労をかけてしまうかもしれません。
裏を返せばこの時期に式を開く人は少なく、式を挙げるために必要な資金を安くしてくれたり、サービスを追加で付与してくれることもあるでしょう。
仏滅に式を挙げることは、おめでたい時期を避ける傾向にあります。
そのため、プランの中には「仏滅割引」という、仏滅の日には他の日より式の費用等が差し引かれてお得になっている場合も。
また、縁担ぎの解釈として仏滅に式を挙げることは決して悪いとは言い切れないです。
結婚式を節約する場合の注意点は、お客さんのおもてなしを第一に考えないと不快な思いをさせてしまうことがあるでしょう。
お客さんが結婚式のアンケートで、よくなかったと思うのが引き出物と料理でこれについては吟味して選ぶ必要があります。
料理は品数を増やすことが大事ですが、メインの料理は美味しい豪華なものを選ぶことが大事。
結婚式の料理は、1度食べてみることができるので美味しいかどうかチェックすることがポイントです。
引き出物は大きいものが人気というわけではなく、安くてもひとりひとりが喜んでくれるものが人気です。
なので、ブライダル用のカタログギフトがいいと評判になっています。
お中元やお歳暮のような商品でなく、ちょっとおしゃれなカタログがブライダルの引き出物にはぴったりです。

海の近くでおこなう結婚式の特徴と魅力とは

一般的な結婚式とは異なるスタイルで挙式をしたい、と考えている人もいるのではないでしょうか。そういった場合に海が好きな人におすすめなのは、海の近くでおこなうウェディングです。自宅から近い場所にある人もない人も、海が好きなら好みに合う環境の中で結婚式をすることができるのでおすすめです。そのような海から近いところでおこなう結婚式は、青い海が見えるチャペルでロマンティックなひと時を過ごすことが出来るということが挙げられるはずです。一生に一度の大切な人と過ごす、結婚式は思い出に残るような場所でしたいと思う人も多いです。海の近くなら美しい風景に囲まれながら素敵な挙式ができます。また風景を活かした、美しい写真が撮れるのも魅力の1つです。青い海と真っ白なウェディングドレスの対比は美しく、写真映えします。国内の南の地域やハワイやグアム、オーストラリアに出かけるのも良いでしょう。ハネムーンを兼ねた旅行にもおすすめです。

結婚式を国内や海外のリゾートでするメリット

結婚式をするなら、大好きな国内・海外のリゾートが良いと考えている人もいるのではないでしょうか。身近なところにあるウェディング専門会場で挙式・披露宴をするのも良いですが、海外や国内の観光地を訪れてウェディングをおこなうのも良いものです。そのようなリゾートでの結婚式のメリットには、その土地ならではの衣装を着用してウェディングをすることが出来るということが挙げられます。例えば沖縄の場合には、現地の伝統的な婚礼衣装を着ることが可能です。なかなかこういった伝統的な衣装は着る機会がありません。特に婚礼用のものとなると、ウェディングを逃したらもう二度と着る機会が無くなってしまうかも知れないのです。また結婚式を観光地でするメリットには、ハネムーンを兼ねて旅行がてらウェディングができるというメリットもあります。開放感があり、一生に一度の良い思い出作りにもなるはずです。親を招待して旅行するのも、孝行になって良いでしょう。

結婚式の余興をお願いしない新郎新婦が増加?!

結婚式といえば、会社の同僚や友人に余興をお願いする方も多いと思います。 そんななか、会社の同僚や友人にあえてお願いしない方が増えていっています。 今回は、そんな結婚式に必須かと思われていた催しをあえてやらない理由について詳しくお話します。 それは、マメな連絡をとるの必要がなくなるということです。 ただでさえ、結婚式前の新郎新婦は忙しく、座席表を決めたり、テーブルクロスの色、椅子の色からテーブルコーディネートなど考えることは山のようにあります。 働きながら結婚式の準備をしている方は思うように準備が進まず苦労することも多いと思います。 そんな中で余興をお願いして、マメに連絡を取り合って、式場に連絡して、また会社の同僚や友人に連絡してと仲介として何度も連絡を細かくとる必要があります。 そこで、あえて催しをお願いしないという方が増えているのです。 少しでもゲストには楽しんでもらいたいけど、連絡をとったり、準備を最小限に済ませたい方は、新郎新婦からゲストへサプライズを行う方法や、新郎から新婦、新婦から新郎へサプライズを用意するなど他にも楽しんでもらえる催し物は準備できます。 誰にお願いすれば良いか悩んでいる方も、一度あえて自分たちで準備する方法を検討してみてはいかがでしょうか。

結婚式のゲストを早めに確定させることの重要性

結婚式の準備を進めるうえでポイントになるのは、ゲストの顔ぶれと人数を早めに確定させることです。式場スタッフの立場からすると、新郎新婦が招待客を決めてくれないことには、見積書の作成ができないからです。たとえ結婚式場の仮予約をしていたとしても、スタッフが想定していた以上の人数を後から言われたために収容できる会場が無く、結果的にキャンセルになってしまったという事例もあります。招待客が決まったら、次は料理のランクを確定させましょう。料理のランクを決めた時点で、新郎新婦が用意している予算と照らし合わせてみてください。残っている金額で装花のグレードや演出の内容を検討することになります。検討した結果、予算オーバーになってしまった場合はお色直しの回数を減らして費用を抑えるケースが多いです。また式場が作成する見積書には記載されていませんが、遠方から来てくれるゲストの宿泊代や交通費なども忘れずに結婚式の費用に組み込んでおくようにしましょう。

結婚式を海外でおこなうメリットと魅力とは

結婚式をどこでしようかと迷っている人もいるのではないでしょうか。自宅から近い式場やホテルを利用するのも良いですが、思い切って海外旅行に出かけながらウェディングをするのもおすすめです。外国で行うメリットには、国内でするのとは違った体験をすることが出来るということが挙げられます。非日常感があるため、どことなくロマンチックな雰囲気に感じられることも多いでしょう。また海外の旅行先で結婚式をすると、記憶にも深く刻まれる可能性が高いです。後々振り返ってみると、良い思い出になると考えられます。外国でも様々な地域でリゾートウェディングが可能ですが、特に日本人に人気の高い地域にはハワイやグアム、バリなどがあります。これらは美しい海が印象的な地域として人気が高いです。ヨーロッパのパリやオーストラリアをはじめとしたオセアニアも人気があります。リゾート地ならではの美しい写真が撮れるのも良い点で、ウェディングドレスとの相性も良いです。

神戸の結婚式についてもっと調べる

最高の結婚式にするなら神戸がいい

新着情報

◎2022/1/14

情報を更新しました。
>海の近くでおこなう結婚式の特徴と魅力とは
>結婚式を国内や海外のリゾートでするメリット
>結婚式の余興をお願いしない新郎新婦が増加?!
>結婚式のゲストを早めに確定させることの重要性
>結婚式を海外でおこなうメリットと魅力とは

◎2021/5/25

譲れない条件を定かにして準備する
の情報を更新しました。

◎2021/1/5

屋外で挙げる結婚式の魅力
の情報を更新しました。

◎2020/8/24

結婚式の演出を節約
の情報を更新しました。

◎2020/6/8

流す映像の製作費を節約
の情報を更新しました。

◎2020/05/29

サイト公開しました

「結婚式 お金」
に関連するツイート
Twitter

結婚式前撮りしたいけどお金かかるから無理や~という方がちらほらおられるみたいですが、支出を抑えたいのであれば方法はありますよ。 お気軽にご相談くださいね✨

結婚式だって丁度コロナ流行り始めのときに計画してて今の時期結婚式するのはリスクあると思っていつかできる世の中になったらしようって決めて一旦中止にしたことに対して 結婚式するお金もないのに結婚したってすごいね(笑) とか言われてさ こういう理由でだよ?ってゆったら黙ってたけど

コロナもあって結婚式はしてないんだけどさ 家建てて子どもも産まれたしお金掛かるしもういっかなって気もするけどあと15キロほど痩せたらすぐにでもしたいリバウンドする前に華麗なドレス着たい

結婚式ってお金がかかる事は覚悟してたけどこんなにかかるんだぁ😭 お空からお金が降ってこないかな😭

結婚も出産も計画的に進めるに越したことはないね🥹憧れだった結婚式もあげられてないし産んでからしばらく収入無くてお金きつい🥹まあでも、ギリギリになるか過ぎてからあれ?ってなるのは私たちらしい😆そして大抵の事は何とかなる✌️